熊本のリノベーション済み物件や改装OKなどおしゃれな賃貸住宅検索はあんぐら不動産へ

高森暮らし

高森暮らし

新阿蘇大橋も開通し、遠いようで意外と近い場所。

高森町。

湧水トンネルやトロッコ列車、フランキー像が有名ですね。

春の高森峠の『千本桜』、秋には根子岳が紅葉で紅く染まる様子など、四季折々の阿蘇の自然を堪能できるエリア。

春の酒蔵の蔵開きや、夏の”肥後の三大馬鹿騒ぎ”と呼ばれる風鎮祭なども有名です。

 

住宅以外で大自然をさえぎるものはなく、開けた景色とその向こうにそびえる阿蘇の山々が圧巻です。

遠くの山々を眺めながら大きく深呼吸。何だかこれだけで心が軽くなる感覚。

また阿蘇とはいえ山の中ではなく山の中の街って感じのロケーションなので田舎暮らしとしてはハードル低めです。

周りも比較的築浅らしきお宅が多く、住宅間の広さもゆとりがありますね。

付近にスーパーやコンビニもあるので日用品の買い物は困らなさそうです。

敷地も駐車スペース、庭ともにかなり贅沢なサイズ感。

庭にもう一軒家を立てれるくらいの広さがありここをどう使うかがこの物件の肝かなと個人的に思っています。

ウッドデッキ作ったり小屋を作ってもいいし、一面芝生にしてもいいしなんだったら畑作ってもいいかもです。 

車も3台くらいならラクラク駐車できます。

室内で出迎えてくれるのはゆとりある玄関。

土間が広い玄関は個人的には大好きです。ここにちょっとした雑貨を置いて店舗としても使えそうだし

自転車も入れれそう。外遊びの道具もたくさん置けますね。

 

トイレも将来を見越して車椅子でも入れるくらい広くて扉もでかい

お風呂やキッチンもゆとりのある広さがあります。

またリビング部分は天井が高いので解放感バツグンです。

何より窓から見える穏やかな高森の風景。中心街の物件にはないプライスレスな魅力なのではないでしょうか。

近くに美味しい飲食店もたくさんあり、暮らすのが楽しそうです。

たまにしか販売しない幻のカレーがあるそうでタイミングがあれば食べてみたいです。

 

高森町は近年、働き方を見直したい方やお子様をゆっくりとした環境で育てたい方などの移住が増えているエリアでもあります。

移住というと結構大げさに聞こえますが、賃貸物件でしたら色んなハードルも下がるのでは。

都会の喧騒を離れひそかに阿蘇での生活を考えている方。我々が力強く背中を押しますので是非一度ご連絡ください。

所在地:阿蘇郡高森町大字高森2291-14

価格:84,000円

広さ:建物76㎡ 敷地357.72㎡

最寄りのスポット:高森町役場

敷金/礼金:敷金1ヵ月 礼金1ヵ月

構造:木造

建築年数:2021年5月

取引態様:代理

修繕積立金/管理費:

用途地域:

都市計画:

建ぺい率 / 容積率:

情報発信公開日:2021年10月25日

備考(設備など):



お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容